南紀和歌山の釣太郎

南紀和歌山の海釣りの情報を毎日提供。釣果情報や海況リアルライブカメラ、釣り場のポイント地図。24時間営業・年中無休

海釣り初心者・ファミリーの釣り入門 南紀和歌山の釣太郎

海釣りの基礎知識(初心者編)

サビキ釣り(初心者編)

多くの方が釣りをします。釣りを楽しむにはマナーを守ることが大切です。初心者・ファミリー向けのページです。

サビキ釣りのコツ

サビキ釣りのコツの説明をします。

サビキ釣りのコツ(サビキ釣りの基本)

今までいろんな方のサビキ釣りを見てきた中でよく釣っている人、中々釣れない人のサビキの扱い方が違っていたので良い例、悪い例として取り上げてみたいと思います。
そもそもサビキ釣りとはサビキ仕掛けの下にあるオモリ付きのカゴにアミエビを入れて(関西式サビキ仕掛け)海中に投入し、カゴから出たアミエビに仕掛けを紛れ込ませて釣る釣法です。
擬似針にはアミエビなどに似たさまざまな素材のものが付いており、視覚でだまして釣るのでエサの煙幕の中に擬餌針がないと魚は見破ってしまい中々食ってくれません。
活性の高い場合などは大差はございませんが、釣り続けて行くとだんだん釣れにくくなってきます。
こんな時に大きく差が出てしまうのです。
文章ばかりだとイメージできない方にイラストを作成してみました。

↓まずは悪い例↓

サビキ釣りのコツ 悪い例(サビキ釣りの基本)

カゴから出ているアミエビに仕掛けがあっていないので擬餌針が目立ち魚はエサじゃないと見破ってしまいますね。
これは仕掛けを竿先より前に投げ入れた際になります。
できるだけ前で釣りたい場合は長い竿を使用するかウキサビキ仕掛けが有効です。

続いて、良い例です↓

サビキ釣りのコツ 良い例(サビキ釣りの基本)

竿下にまっすぐと投入しているのでカゴから出たアミエビが仕掛けと合わさり魚からはどれがエサでどれが針なのかが分かりづらく針に掛かる確率が上がります。
後はマキエサが海中に出るとゆっくりと沈下していくので、それに合わせて仕掛けも同じスピードで落としていけば尚更グッド!
これをマスターすればあなたは防波堤サビキのスペシャリスト?になるでしょう(^_^)

初心者・ファミリー
ページのトップへ戻る