サビキ釣りマニュアル

波止からのサビキ釣り

堤防,波止場

サビキ釣りは、釣れやすい魚(アジやイワシ)などがメインターゲットです。

春から初冬までがシーズンで、特に初夏の頃に大きな群れがやって来るので

海釣りが初めての初心者さんやファミリーフィッシングにもサビキ釣りは楽しめます。

アジ

釣り場は、足場の良い漁港内の波止や堤防がメインなので、

安心してサビキ釣りを楽しむ事が出来ます。

ここ和歌山県みなべ町から白浜町には、波止、堤防、漁港がたくさんあるので、

釣り場が混雑する事が少なく、のんびりと釣りが楽しめます。

堤防,親子

また、海の色が綺麗なので、泳いでいる魚の姿を見る事も出来ます。

同じ時期にちょい投げ釣りでキスを狙うことも出来るので、

サビキ釣り、ちょい投げ釣りの2本立てを楽しむ方も最近は増えてきました。

サビキ釣りで釣れる魚は

アジ

サビキ釣りで釣れる魚は、アジ、イワシ、サバ、グレ、イサキ、シマアジ、ヒイラギ、

ネンブツダイ、スズメダイなど魚種多彩。

特にアジは釣ってよし、食べてよしと人気の魚です。

アジが釣れ始めると、波止や堤防は釣り人で賑やかになります。

  • 続きを読む

    メッキ サッパ

    サビキ仕掛けで釣れたメッキサビキ仕掛けで釣れたサッパ

     

    イワシ シマアジ

    サビキ仕掛けで釣れたイワシサビキ仕掛けで釣れたシマアジ

     

    スズメダイ ヒラスズキ,セイゴ

    サビキ仕掛けで釣れたスズメダイサビキ仕掛けで釣れたヒラスズキ(セイゴ)

     

    ネンブツダイ,アカジャコ ヒイラギ

    サビキ仕掛けで釣れたネンブツダイ(通称アカジャコ)サビキ仕掛けで釣れたヒイラギ

サビキ釣りにオススメの釣り場

堤防,波止場

ここ南紀地方のみなべ町・田辺市・白浜町の漁港の堤防、波止から手軽にサビキ釣りを

楽しむ事が出来ます。

釣太郎のオススメ釣り場はこちら

サビキ釣りのシーズン

豆アジ

みなべ、田辺、白浜でのサビキ釣りのシーズンは基本的に春から冬までで、

イワシから釣れ始めて、豆アジ、小アジ、サバ、中アジ、シマアジ、メッキで

最後の冬に中、大アジの尺アジクラスが釣れます。

  • 続きを読む

     

    1 小アジ

    小アジ

    小アジはサイズが10cm~15cmくらいで、

    秋から冬にかけて狙えます。

    2 豆アジ

    豆アジ

    豆アジはサイズが10cm前後で、

    5月のGW頃から7月くらいまで狙えます。

    3 イワシ

    イワシ

    カタクチイワシ、ウルメイワシ、マイワシの3種類が

    良く釣れるイワシで4月くらいから夏まで狙えます。

    4 サバ

    サバ

    小サバは5月くらいから7月くらいまで

    狙えます。

    5 シマアジ、メッキ

    6 中アジ

    シマアジ,メッキ
    中アジ

    シマアジは秋の9月から10月の短い間だけ

    回遊してきます。サイズは20~25cmです。

    中アジは秋の終わり11月くらいから、冬の1月くらいまで狙えます。サイズは20~30cmです。

サビキ釣りに必要なエサ

エサは、アミエビという細かいエビの形をしたプランクトンを使用します。

冷凍のものを解凍して使うか、市販の常温タイプのものを使います。

エサはこれだけで、針につけるエサも不要なため、手軽・簡単に誰でも釣りができます。

ちょこっと釣りをしてみたい!という方にもおススメの釣りになります。

当店では、常時、冷凍アミエビを解凍して販売しておりますので、事前のご予約は不要です。

サビキ釣りに必要な釣り道具

冷凍アミエビ
サビキ仕掛け
竿,リール

サビキ釣りは、竿とリール、サビキ仕掛け、カゴにエサがあれば出来る簡単な釣りです。

  • 続きを読む

     

    1 竿

     

      防波堤などで使う『波止竿(サビキなど)』

      一般的な防波堤などで使われる波止竿でリールを付けて使います。

      一番ポピュラーで様々な魚種に対応しています。

      基本的にはサビキ釣りで使われる事が多いのだが、

      ウキ釣りや投げ釣りなどにも使う事が出来ます。

      長さも様々用意されており一般的なのは2.7m~4.5mほどの長さで

      身長や体型に合わせて選んで下さい。

     

      270(2.7m)=定価¥3,400- 釣太郎販売価格¥1,590-

      360(3.6m)=定価¥3,800- 釣太郎販売価格¥1,840-

      450(4.5m)=定価¥4,200- 釣太郎販売価格¥1,990-

     

     携帯に便利なコンパクトロッドは竿を伸ばすと1.65m

     仕舞寸法44cm

     道糸付のスピニングリール

     こちらの竿とリールがセットで1580円(税込み)

     軽くて、短い竿なのでお子様が使うのにピッタリです。

     

     初心者におススメの竿は

     大人の方は4.5~5.3m前後の竿

     女性の方は3.6m

     小学生のお子様には、2.7m~3.6m

     小さなお子様には、コンパクトロッドが

     使いやすくオススメです。

     

     長い竿は、便利な半面、重くなります。

    竿
    竿

    2 リール

     

     波止竿(のべ竿以外の竿)に取り付けて使用する『糸付きスピニングリール』の紹介

     釣太郎では安価なリールを沢山取り扱いしておりますが、

     その中でも使いやすい大きさとバランスの上記をピックアップしました。

     初心者の方や釣り入門の方もすぐに使用できる糸付きタイプを多く取り揃えています。

     

     左から2000番(リールの大きさ表記)、3000番、4000番と、リール自体の大きさが異なりリールの大きさによって

     巻いてある糸の太さも変わってきますので竿の長さや堅さによって選んで下さい。

     2000番クラス ナイロン道糸3号150mを巻いています 釣太郎販売価格¥1,340-

     3000番クラス ナイロン道糸4号150mを巻いています 釣太郎販売価格¥1,490-

     4000番クラス ナイロン道糸4号150mを巻いています 釣太郎販売価格¥1,540-

     サビキ釣りでは、ナイロン糸3~4号が100m程度巻いているリールなら、十分使えます。

    リール

    3 堤防サビキ仕掛け

     

      基本的なサビキ仕掛け(足元で釣る仕掛け)

     

      竿:1.5~4.5m

      リール:小型のスピニングリール

      道糸:ナイロンライン2号以上

      サビキ仕掛け(小アジ狙いなら4~5号)

      サビキカゴ:オモリの付いたサビキ専用カゴ小~中

     

      サビキ仕掛けには、

      号数とサビキ鈎の色の違いがあります。

    サビキ仕掛け説明
    サビキ仕掛け

    3-1 サビキ号数の違い

    サビキ仕掛け

     

      サビキ仕掛けの号数は狙う魚のサイズによってハリの

      サイズが変わります。

     

      豆アジ 5~10cm → 豆アジ用サビキ 0.5~2号

      小アジ 10~15cm → サビキ 3~5号

      中アジ 15~25cm → サビキ 4~7号

      メーカーによって、ハリの大きさが違う時もあるので、

      あくまでも参考程度にしてください。

    3-2 サビキ仕掛けの色

     サビキ仕掛けのカラーには、

     定番のピンク色(ピンクスキン)と白いハゲ皮の

     2種類に大まかに分かれます。

     

     エサのアミエビに色が似ているピンク色のサビキを

     メインに使い、海の色が少し濁っているような時は、

     白いハゲ皮がオススメです。

     

    サビキ仕掛け

    3-3 遠投サビキ仕掛け

    投げサビキ仕掛け

     

     遠投サビキ仕掛け(ウキをつけて飛ばす仕掛け)

     竿:3.6~4.5m 3~5号くらいの竿の硬さ

     リール:小型のスピニングリール

     道糸:ナイロンライン3号以上

     サビキ仕掛け(5~8号)

     サビキカゴ:オモリの付いたフタ付サビキ専用カゴ小~中

     

     サビキ釣りは基本、竿下で釣る仕掛けですが遠投サビキは

     ウキが付いているので広範囲で魚を狙う事ができます。

     日中のアジは深い場所に移動するので、

     少し沖側の深い場所を狙って釣ることも出来ます。

     また、遠投サビキでは、足元で釣れる魚よりも大型の魚が

     釣れる事が多いので仕掛けのハリの号数やハリスの

     太さは、ワンランク太いものを使用します。

     

     仕掛け作りの参考動画

     ・遠投サビキ仕掛けの作り方

    投げサビキ仕掛け

    遠投サビキ仕掛けの例(参考動画)

    4 サビキ専用カゴ

    サビキカゴ

     

     サビキ釣りに欠かせないサビキカゴの説明です

     

     サビキカゴには様々な種類がありますが、ここでは関西式と呼ばれる下カゴ式のサビキカゴの紹介です

     サビキといえばこの下カゴ式が普通だったので上カゴ式があったとは知りませんでした。

     第一精工さんから発売されているプラスティックカゴが有名で類似商品は沢山あります。

     

     当店ではこの第一精工さんのプラカゴを主に取り扱っています。

     ・プラカゴ・フタ付きのプラカゴ・オモリが三角のプラカゴ・吸い込みバケツ用プラカゴ・天秤付きプラかご などです。

     

     対象魚や釣れる魚の棚などで変えていくのですがそれぞれの特徴を説明しています。

     仕掛け作りの参考動画 ・サビキ釣り用カゴの説明

    ウキ

     

     ウキ8号に、サビキカゴ(小)がちょうど合います。

     10号は(中)

     12号は(大)

     これが基本となる組み合わせです。

     ウキを付ける仕掛けには、ウキ止め糸が必要です。

    仕掛け作りの参考動画 うき止め糸の使い方説明

    5 クーラー・氷

     

     クーラーボックスは釣りに欠かせないアイテムです。

     ・魚を保存

     ・飲み物、食べ物入れ

     ・活エサを活かす

     ・冷凍のエサを保管など

     だいたいこういう使い道でしょうか。

     釣った魚を美味しく食べたい場合は、

     クーラーボックスへ入れて鮮度を保つのが一番です。

     当店では、発泡スチロールは590円から

     ハード素材のクーラーは1980円から販売しております。

    クーラー,発泡スチロール
    氷

     

      ★ 冷却専用氷 ★

      ・ チップ氷 約1.5kg 100円

      ・ 氷小   約1.2kg 100円

      ・ 氷大   約3.0kg 200円

    6 魚ハサミ、ビニール手袋

    ビニール手袋,魚はさみ

     

     魚を挟むためのハサミ(魚バサミ)

     通称メゴチバサミ。これで魚を掴んで針を外したり、魚をクーラーボックスに入れたりできます。

     手を汚さずに使え、ヒレに毒があり触ると危険な魚にも使えます。

     

     【注意】 魚が元気過ぎて暴れている場合は掴みにくいので、少し弱ってからハサミで掴みましょう。

     ゴンズイ・ハオコゼ、アイゴなどはヒレ・トゲに毒があるので注意しましょう。

     安全なのか分からない場合はメゴチバサミなどで魚をはさんで、針を外すときもプライヤーなどで、外すようにしましょう。

     毒魚記事へリンク http://blog.tsuttarou.com/archives/7087

     ビニール手袋は、手が汚れたくない方にピッタリです。

     

     魚ハサミ 250円~   ビニール手袋 290円~

    7 アミエビ吸い込みバケツ

     

     サビキ釣りで便利な「吸い込みバケツ」

     カゴにエサを入れる際、素早く手を汚さずにエサ入れが可能な超便利バケツです。

     バケツの中の形に工夫されており、カゴにエサが入りやすくなる仕組みです。

     

     

     使い方は、

     1.アミエビを少し入れる

     2.適度な海水を入れる

     3.カゴをバケツの中央で数回上下にしゃくる

     

     950円で販売しております。

    アミエビバケツ
    アミエビバケツ

    8 水くみバケツ

    水汲みバケツ

     

     水汲みバケツはその名の通り、

     海から海水を汲むための便利な道具です。

     釣りには必需品でいろんな場面で使われます。

     

     主な用途は

     ・手洗い

     ・エサ混ぜ調整

     ・魚を入れる等

     

     ロープ付水汲みバケツ490円

    9 ハサミ・プライヤー

    プライヤー,ハリ外し,ハサミ

     

     ・サビキ釣りで使う針外し   プライヤー 790円

     曲がっているのが特徴です。この部分に針を掛けて揺らすと外れます。サビキだともっと簡単に外れます。

     

     ・プライヤー(ペンチ)型の針外し   針外し 250円

     太目の針を使っている場合や、口が大き目の魚だとプライヤータイプのほうが簡単に外せれます。

     暴れる魚や、触ると危険な魚にも使えます。

     

     ・スライド式のハサミ   にぎりハサミ 230円

     いわゆるにぎりバサミです。刃先をスライドして本体に格納できます。

     昔からあるタイプのハサミで使いやすいベーシックなハサミ。

    10 あると便利なもの

    タオル,無地,ウェットティッシュ

     

     タオルとウェットティシュは持っていきましょう。魚を触るとヌルヌルとします。

     

     ウェットティッシュ230円

     タオル無地 100円

     カラータオル150円

     

     堤防や足場が平らな釣り場で役立つアイテム、折りたたみイス

     シンプルなイスでサイズがS・M・Lとあります。

     過重負荷も違うので目安に。

     便利な竿受け付きのイスもあります。

     座ったままご使用ください。

     

     パイプいす Sサイズ 940円

     パイプいす Mサイズ 1090円

     竿掛け付パイプいす Lサイズ 1540円

    パイプ椅子
    バッカン
    バッカン

     

     バッカンとは、主にマキエサを入れるものですが、他の用途では道具入れ・魚を活かす容器としての利用など。

     最近では竿立て・竿置きなど様々な役割をはたす道具で釣りには欠かせないアイテムです。

     種類も多種多様でメーカーからはいろんなデザインのものが発売されています。

     ・フタ付きタイプのバッカンは、中に水が入りにくくフタをする事でエサの臭いも少し防げます。

     

     フタ付 キャプテンバッカン 40cmサイズ 1980円 横40cm×縦25cm×高さ24cm

    ライフジャケット

     

     万が一、海に転落してしまうと大変なのでライフジャケットは必ず着用しましょう。

     お子様用のライフジャケットは無料レンタルが出来ます。(数量に限りあり毎日先着15名分まで)

サビキ釣りの釣り方

釣れた魚の料理

釣れた魚の料理

 

 釣った後は、食べるという楽しみがあります。

 イワシ、サバ、アジとサビキ釣りでは色々釣れますが、

 中でも人気なのがアジです。

 5~8cmくらいの豆アジなら素揚げで醤油や塩で頂いたり、

 唐揚げや南蛮漬けなど。

 10cmくらいのアジならアジフライやアジのたたき、

 なめろうなどにして食べのもいいですね。

 15cmのアジなら、お寿司やお刺身に最適です。

 釣れた魚はクーラーに氷と海水を入れて、

 潮氷状態にして持ち帰るのが最適です。

 イワシ、豆アジの料理   http://blog.tsuttarou.com/archives/7048

© 2018 Tsuttarou inc.