南紀和歌山の釣太郎

南紀和歌山の海釣りの情報を毎日提供。釣果情報や海況のライブカメラ、釣り場のポイント地図。24時間営業・年中無休

釣太郎博士

ボイルオキアミの特徴とは

ボイルオキアミ

良いところ…

・身が白く目立つ(視認性に優れている)

・丸く曲がっていて回転しながら沈下  (ゆっくりと沈下し、魚へのアピール度が高い)

・身が固いのでエサ取りに強い

・大物が掛かる率が高い

・バッカンの後片付けが楽チン

・魚を浮かせて釣る

・魚の消化がよい

・自然環境でも分解されやすい(環境に優しい)

・黒変しにくい


イマイチなところ…

・マキエサとして撒く場合、まとまらないので投げにくい
(海水と一緒に投げる、大き目のシャクが効果的、向かい風だと苦労する)

・沈まない物もあるので海水に浸して沈んだものを使用

・基本的に一般的な集魚剤との相性は悪い
(生のオキアミと同じように使用するとボイルオキアミの水分を集魚剤が吸ってしまい沈まなくなる)


ばらけやすいボイルをまとめる為の専用の配合エサがある

・マルキュー ぶっ飛びボイル(ボイルアオキアミ調整剤)

・ダイワ アミノX オキアミボイルまとめ

その効果は…

・集魚効果は低め

・ボイルをまとめて遠投が可能

・沈下速度が速くなる(配合の分量による)


実際は、バッカンのボイルすべてに配合剤を交ぜて使うよりも水汲みバケツなどに別に分けて2種類を使い分けるまたは補助的に使うのがよい。

●ぶっ飛びボイル

ボイルオキアミをまとめ、遠投性が大幅にアップ。
沖目のポイントを狙うときや、強風下での釣りに抜群の効果を発揮します。
ボイルオキアミ3kgに対して本品1分包を混ぜればOK。
※集魚成分不使用なのでボイルオキアミ9kg分まで対応できます。

●アミノX オキアミボイルまとめ

オキアミをまとめて撒ける配合剤。
生オキアミまたはボイルをそのまま撒きたい時に加えてまとめるエサ。
バラバラと崩れて扱いにくいボイルオキアミもしっかりまとめて遠投できる。
着水すると自然に拡散し、ゆっくり沈降。

●グレパワーボイル遠投

ボイルオキアミと同比重の配合エサです。
軽いボイルオキアミのメリットを活かすボイルオキアミと同比重の配合エサ。
グレを浮かせる効果が高く、時合が長続きします。
まとまりをつけて遠投性を高めるほか、視認性にも優れているので潮の流れをとらえやすくなります。

ボイルレンガとフレッシュボイルレンガの違いは?

ボイルレンガは熱処理で80~85℃で加熱しています。
フレッシュボイルレンガはちょっと低めで60~65℃で加熱しています。


オキアミQ&A
ボイルオキアミQ&A
ページのトップへ戻る