南紀和歌山の釣太郎

南紀和歌山の海釣りの情報を毎日提供。釣果情報や海況のライブカメラ、釣り場のポイント地図。24時間営業・年中無休

金魚すくい

金魚すくい

夏休み、いつでもできる金魚すくい
釣太郎で体験できます

Tweet

金魚すくいについて

金魚すくい

夜店で人気の金魚すくい!夏休み特別企画です。
釣太郎では、大人には懐かしく子どもには新鮮な、金魚すくいを毎日店内で開催しています。

金魚の生態などは、かなりの方が記事にされているので割愛・・・
金魚すくいの起源は江戸の後期で、現在の袋に入れて持って帰れる形になったのが昭和30年代らしいです。
その頃の日本は高度経済成長期の始まりで、テレビ・洗濯機・冷蔵庫が「三種の神器」と呼ばれる時代でありました。

金魚のすくい方

ビニール袋に入っている金魚

紙が枠の上に貼られている面を使いましょう!
次に大事なのが、入水角度です。むやみに入水させてはいけません。
斜め45度の角度から、素早く全体を水で濡らします。

あせらずゆっくりと、狙うはヘロヘロに弱りきった金魚をすくうのです!

ネットに入っているタコ

体験料金

1回300円(ポイが破れるまですくい放題)
すくった分だけお持ち帰りできます。
すくえなかった場合でも3匹サービスです。

金魚をポイですくっている
ページのトップへ戻る