南紀和歌山の風と波の簡易予測(11月〜3月末ごろ)

11月から3月までが上物狙いの磯釣りシーズンですね。

週末などの天気予報が気になりますよね。予報では波の高さが3〜4mなど冬季はよく発表されますが、地域により全く波がないところもあったりするのです!

風向きと波の高さを勘案すれば、「釣りに行けば良かった…」なんてことにならずにすむこともあるんです。

少しでも釣行の目安になればと思い、作成したのが下記の風向きと波の高さからの予測される各地の波の予測表です。

和歌山県はご存知のようにタテに長いので、特に南紀の西側と東側では波の高さが天気予報と大きくずれる地域があるので釣行の参考にして頂ければと思います。
(時間やいろんな気象条件により風や波は変化しますので、釣行の際は各渡船屋さんに詳しい状況をご確認ください)

 

◆北の風、北西の風の場合
北の風、北西の風

天気は晴れ、もしくは雨の後は晴れが多い

◆みなべ〜串本(赤い線の範囲)
 串本方面へ南下する程、波は弱くなる傾向に

◆串本〜勝浦(黄色い線の範囲)
 ベタ凪になることが多い

北の風、
北西の風の場合
予測される各地の波の高さ
天気予報の波
 
みなべ
すさみ
串本
勝浦
1.5m
1.5m
1.5m
1.5m
1.5m
2〜3m
2〜3m
2〜2.5m
1.5〜2m
1.5m
3〜4m
3〜4m
2.5〜3m
2〜2.5m
1.5〜2m

上記の表は、天気予報などで発表された波の高さと風向きから南紀の各地の波の高さを予測する目安のものです。

 

◆東の風、北東の風の場合
東の風、北東の風

天気は晴れから雨になることが多い

◆みなべ〜串本(赤い線の範囲)
 風は強いが、風が山から海に吹くので波は低い

◆串本〜勝浦(黄色い線の範囲)
 風が強く波の高いことが多い

東の風、
北東の風の場合
予測される各地の波の高さ
天気予報の波
 
みなべ
すさみ
串本
勝浦
1.5m
1.5m
1.5m
1.5〜2m
2m
2〜3m
1.5m
1.5m
2〜2.5m
2〜3m
3〜4m
1.5m
1.5m
2〜3m
3〜4m

太平洋側に低気圧か前線がある場合。

上記の表は、天気予報などで発表された波の高さと風向きから南紀の各地の波の高さを予測する目安のものです。

 

◆南の風、南西の風の場合
南の風、南西の風

天気は雨や荒れ模様が近い、もしくは荒れ模様が多い

◆みなべ−串本(赤い線の範囲)
 風が強く波の高いことが多い、また雨が降る確立が高い

◆串本−勝浦(黄色い線の範囲)
 風が強く波の高いことが多い、また雨が降る確立が高い

南の風、
南西の風の場合
予測される各地の波の高さ
天気予報の波
 
みなべ
すさみ
串本
勝浦
1.5m
1.5〜2m
1.5〜2m
2m
2m
2〜3m
2〜3m
2.5〜3m
2.5〜3m
2.5〜3m
3〜4m
3〜4m
3〜4m
4〜5m
4〜5m

和歌山より北および日本海側に低気圧か前線がある場合。

上記の表は、天気予報などで発表された波の高さと風向きから南紀の各地の波の高さを予測する目安のものです。

 
※ご注意
万一、波の高さなどが異なっていてもこちらでは責任は負いかねますので予めご了承ください。
 

風は周期的に

北(北西)の風→東(北東)の風→南(南西)の風→北(北西)の風、または
北(北西)の風→東(北東)の風→北(北東)の風

のように変わる傾向があります。

 
なお、釣行の際は各渡船屋さんに詳しい状況をご確認ください。


Copyright © 2007.Tsuttarou Corporation. All Rights Reserved.