初夏から秋口にかけては暑い昼間を避けて太陽が沈むころから夕涼みを兼ねて夜釣りに行こう。

昼間はじっとしていた大物が夜になると大胆に行動するのでとんでもない大物をゲットできるかも!?

夜釣りに行こう
   

★夜釣りの魅力

  • 大物狙い、超大物が釣れる(かも!?)
  • 夕涼み、いつも見ている風景も違って見える。
  • 暗い夜には何かワクワクさせるものがある。
   
夜釣り  
 

★夜釣りの注意点

  • 釣行には二人以上で!絶対に一人では行かないこと!
  • 明るい内に釣り場に行って準備を!
  • ヘッドランプやランタンなどの用意と電池、電球の予備の確認。
  • 気象情報の確認!
  • 緊急時対策(携帯電話の携行、ライフジャケットの着用など)
ライフジャケットヘッドランプ・ランタン

夜は人間にとっても視界が悪いので十分な注意が必要。必ず明るい内に釣り場に入って周辺の見回り、危険なところが無いかを確認しましょう。いつも行っている堤防でも落ちているハリや仕掛けでケガをしたり、毒のある魚が無造作に置かれていることもあるので油断は禁物。 

   
   

★夜釣りの楽しみ

手荷物に余裕があればコンパクトなコンロと鍋、水、お箸を用意してカップラーメンなどの夜食やおつまみなどを用意すれば長い夜を思う存分楽しむことが出来ます。仲間と荷物を分担すれば釣った魚をその場で調理するのもいいかも。盛り上がりすぎて周囲の人に迷惑をかけないようにしましょう。
波の音を聞きながら星空を眺めるのもいいでしょう。

カップめん簡易グリル
   
   

★夜釣りの準備

装備品では普段の釣り道具にヘッドランプや懐中電灯、ランタンなどのランプ類。
大物が来てもいいように竿、リール、仕掛けは普段のものよりも強いしっかりしたものを用意しよう。
竿は3号〜4号(穂先の絡み予防に中通しタイプがベスト)、リールは8号のラインが100mぐらい巻けるもの、ハリスは6〜10号ぐらい、ハリは8〜12号など大物対策は万全に!

竿先や仕掛けにつけるケミホタル、電気ウキも必需品なのでお忘れなく。
釣りエサもホタルイカ中エビ、キビナゴなどを用意すると釣れる魚種も多彩に!
他に十分な飲料水(お酒類ではなく)、ゴミ袋虫除けも。

   
   

★夜釣り対象魚

チヌ(クロダイ)、コロダイ、スズキ、ガシラ(カサゴ)、タチウオ、アオリイカ、イサギ、アジなど。

 
夜釣りの対象魚


Copyright(C)2007 Tsuttarou. All Rights Reserved